小児矯正

小児矯正について(お子さまの歯列矯正)

歯並びは遺伝する?

歯並びは遺伝する?歯並びや噛み合わせの乱れの原因は遺伝だけではありません。
近年、食生活などの影響から、顎の発育が未発達で歯を並べる十分なスペースがないことから、歯並びが悪くなっているお子さまが増えています。
また、指しゃぶりや舌の癖、頬杖、口呼吸、頬杖、食いしばりなど毎日の習慣も歯並びを乱す原因となります。

このようなお悩みありませんか?
  • お口がポカンと開いている
  • 口呼吸をしている
  • 唇を内側に吸い込んでいることが多い
  • べろが上下の前歯の間から見えている
  • 指しゃぶりがある
  • 食事に時間がかかる、偏食がある
  • 滑舌が悪い
  • 猫背 など

歯並びの悪さは単に見た目だけでなく、歯がガタガタに並んでいることによってブラッシングしても磨き残しが出やすく、虫歯や歯周病のリスクを高めます。
また、噛み合わせの悪さは姿勢や全身の健康に影響し、顎関節症の原因にもなります。
矯正治療によってきれいな歯並びを作ることは、虫歯になりにくい口腔環境と健全な成長ための土台作りといえますので、歯並びが気になるお子さまには、早期の矯正治療をおすすめしています。

何歳から始めるの?

こどもの矯正治療について小児矯正を始めるタイミングは大体、前歯が生え変わる5歳頃がベストです。
子どものうちから矯正を行うといい理由は、顎の成長を利用できるため、元々ご自身が持っている成長を後押ししながら顎を広げてあげることが可能なことです。
顎の成長は小学校卒業ぐらいで9割ほど終わると言われています。早く矯正治療を始めた方が成長の伸びしろがある状態のため有利です。

楽しく通いやすい医院づくり

小さなお子さまには恐怖心を与えないよう、明るい雰囲気の小児専用診療室をご用意しています。
歯科医院は痛い、怖い場所ではなく楽しく通える場所になるようスタッフ一同明るい笑顔でお待ちしています。

キッズスペース待ち時間も退屈しないよう絵本やおもちゃを揃えたキッズスペースを完備しています。

子ども専用診療室①診療室の天井にモニターがついているため、お子さまが好きなアニメを見ながら治療を受けられます。

子ども専用診療室②お膝の上でもお口の中の状態を確認できるよう、やわらかいマットレスをひいたお部屋もあります。

小児矯正治療のメリット

  • 成長期だからこそできる治療
    正常な発育を妨げるような歯並びや癖を改善し、あごやお顔の成長のバランスを整えます。
    顎やお顔の成長コントロールは、成長期にしかできない矯正治療です。
  • 抜歯するリスクが少なくなる
    小さい頃から歯の配置や顎の成長を調整することで、将来本格的な矯正治療が必要になった場合に抜歯するリスクが少なくなります。また、治療期間も短くなるメリットもあります。
  • 本来の機能を取り戻すことが可能
    指しゃぶりや舌癖は発音や食べ方にも影響し、お口の機能が低下していると口呼吸などの癖を引き起こします。
    早期に癖を改善するとともにお口の周りの筋肉や舌の動きのトレーニングを行い、正しい機能に戻していきます。
  • 呼吸・発音の改善
    専用の装置とトレーニングを行うことで、歯列不正の原因である口呼吸や低位舌、嚥下、姿勢、発音を改善することができます。

当院の矯正治療の特徴

やまだ歯科こども歯科の強み歯並びが悪くなる原因として、口呼吸、姿勢、指しゃぶりや噛み癖、頬杖、間違った嚥下の仕方などが挙げられます。
お子さまの場合、舌の位置が正しくなかったりお口ポカンで口呼吸のまま放置すると「受け口」や「出っ歯」など不正咬合になる可能性が高くなります。そのため当院では矯正治療と合わせて「口腔筋機能療法(MFT)」を行っています。

MFT(口腔筋機能療法)

口腔筋機能療法(MFT)口腔筋機能療法とは、口の周りの筋肉(唇、舌、頬、噛む筋肉など)のバランスを整え、健全な歯並びや噛み合わせ、骨格を作り上げる環境づくりを行い、それを維持していくことです。
ただ顎を広げる・歯並びを良くするだけではなく、根本的な原因をきちんと突き止め、より良い口腔環境を作ってあげることが大切だと考えています。
また、近年「口腔機能発達不全症」のお子さまが増えてきています。
口腔機能発達不全症とは、うまく噛めない・飲み込めない、うまく発音ができない、口が常に開いているなど、食べる・話す・呼吸などの機能が十分に発達していない、または正常な機能に至っていない状態のことを指します。
当院では、そういった口腔機能発達不全症のお子さまに対して矯正を使わないお口作りなど、正しい発育をサポートする治療も取り入れています。

矯正治療の種類について

プレオルソ

プレオルソ「プレオルソ」というマウスピース式矯正装置を使い、顎のスペースを拡大する矯正治療治療法です。
サイズ・形が何種類かあり、お子さんよって異なります。
歯を直接動かすのではなく、歯並びを悪くしている原因を改善することで、間接的に歯並びを改善していきます。
上下一体型で歯全体を覆う構造をしており、主に受け口気味のお子さま、舌の位置の改善に使用しています。
メリット
  • 平日1時間と就寝時に装着するだけ
  • 歯型採取がない
  • 取り外しができるため衛生的
  • 柔らかく弾力のある素材を使用しているため、装着時の痛みがほとんどない
デメリット
  • 治療できないケースがある
  • 小児育成矯正のため、歯列矯正のような細かな歯並び調整はできない
  • 装着時間・ルールを厳守しないと効果に差が出るため、自己管理が大切

MRC矯正

MRC矯正「マイオブレース」というマウスピースを装着してトレーニングを行うことでお口周りの筋肉の機能を改善し、結果的に歯や顎、そして顔のバランスを整えていく矯正方法です。
マイオブレースは成長の過程を利用した治療のため、治療の適齢は就学前の5歳から8歳です。お子さまにより、3歳くらいから行うこともできます。
永久歯が生え揃う頃のお子さまの場合は、大人のマウスピース矯正「インビザライン」と組み合わせながら矯正していくこともできます。

メリット
  • 平日1時間と就寝時に着用するだけ
  • 抜歯の必要がない
  • 違和感や痛みがほとんどない
  • 口呼吸や唇をかむなど、日常生活の癖を改善できる
  • 取り外し式なので、お口のメンテナンスが簡単
デメリット
  • 治療できないケースがある
  • 小児育成矯正のため、歯列矯正のような細かな歯並び調整はできない
  • 毎日のトレーニングが必要

インビザラインファースト

インビザラインファースト透明で目立ちにくいマウスピース型矯正装置を使い、顎の大きさを広げながら歯並びを綺麗に整える10歳~高校生の治療法です。小さな歯にもフィットし、これから生えてくる永久歯のスペースを確保するようデザインされています。
顎の大きさを広げて歯並びを整える、という二段階ステップを踏むことがないため治療期間が気になる方にもご利用いただけます。
メリット
  • 透明の装置で目立ちにくい
  • 食事や歯磨きの時に取り外しができるため衛生的
  • 装着時の痛みがほとんどない
  • 遊びやスポーツに適している
デメリット
  • 治療できないケースがある
  • 毎日20時間以上の装着時間が必要
  • 装着時間・ルールを厳守しないと効果に差が出るため、自己管理が大切
TOPへ戻る
無料矯正相談 詳しくはこちらどんなことをするの?無料矯正相談について
TEL:096-288-1288TEL.096-288-1288 WEB予約WEB予約 お問い合わせお問い合わせ